カテゴリ:こころ( 6 )

SNSとかどこにも書かずに今夜だけは君のことを考えて眠ろうと思ったけど、収まりきらなくて胸が張り裂けそうだから、ここにだけ、書かせてください。

小学校からの腐れ縁?
中学でもたまたま同じ部活で、卒業してその後もずっと楽器を続けてたもの同士。
いつかまた、何か一緒に演れたらいいねーなんて話してたよね。

君は周りからも愛されてて、友だちが多いイメージ。
でもそれは違ったのかな?
吐き出す場所がなかったのかな。
どれだけ抱え込んでたのかな。
やりたかったこと、思い残すことはなかったのかな。
君にとって頼りにはなれなかったのは残念だけど、私はここでただ、ぐるぐる君のことを考えているよ。
君の笑顔や優しさ頼もしさを思い出しているよ。
また会える日を楽しみにしていたよ。
だからまだもう会えないっていう事実が信じられません。
悔しい。
悲しい。
文字に起こすととても虚しい気持ちです。

娘に会って欲しかったよ。
君はきっと
かわいいねーとか
音楽やらせるの?とか
言ったんだろうな。

星になってしまった君へ。
まだ信じられないからさよならなんて絶対に言えないけど、
ありがとうとは言えるよ。
たくさん疲れただろうから、ゆっくり休んでね。
おやすみなさい。
[PR]
by y_u_uki | 2013-09-15 00:40 | こころ
c0214545_11592180.jpg

今読んでる本。

お産の体験談集なのですが、とても面白くて勉強になります。
出産と一言で言っても産み方は十人十色。
最近の妊婦さんは産ませてもらうという考え方の人が多いみたいです。
でも私はそれは違うんじゃないかなと思っていて。。
自分の子なんだから自分の力で産んであげたい。
人生に一回や二回くらいしかない貴重な妊娠、出産という瞬間を楽しんで幸せに感じたいって改めて思わせてくれる一冊です。
妊婦さんのみならず、これからの方やもう1人…なんて方にもおすすめ。

ある体験談の中で印象的だった文章を抜粋。
『女性は妊娠とお産によって自分のからだを見直す事ができ、心身をリセットしてきれいにすることができる。
産後は女性の一生で一番きれいに生まれ変わることができる唯一の時期。この時期をどう過ごすかが、運命の分かれ道。

心とからだはつながっている』

女性の心とからだって自分が思ってるよりもずっと繊細にできてるんです。
子供の頃から大人になってからの生き方が与える影響ってとても大きいのだそうですよ。

More
[PR]
by y_u_uki | 2013-04-23 11:48 | こころ
おなかの子も気がつけば6ヶ月になりました。
日に日に胎動が力強くなってきていて嬉しい限りです*

昨日の夜から降っていた雪。
今日も夕方まで降り続いていて、久しぶりにがっつり積もりました。
c0214545_22534157.jpg


こんな雪の中を運転するのは初めてに近かったですが、慎重にゆっくり運転しながらちょっとお出かけしてきました。
PAPA@KITCHENさんで開かれたおっぱい講座という名のお話会へ。
助産師より子さんの女性として知っていたらこれから前向きになれるようなお話がたくさん聞けました。
これから子を産むというこのタイミングで知れたこと、自分を見直す良い機会になったこと、不思議な巡り合わせだなと思いました。
ありがたいお話ばかりで、とても勉強になりました。

気づくこと、愛し愛されることは大事なこと。

最近なんとなくだらっと過ごしてしまっていましたが、残された妊婦の時間を有効に使う方法を考えようと思います。

ありがとうございました***
[PR]
by y_u_uki | 2013-01-26 23:18 | こころ
2011年ももうすぐ終わろうとしてますね。

中津川にきて十月で一年が過ぎました。
今年も振り返ってみるといろんなことがありました。



春前からアルバイトを始めて、通勤に車で片道1時間かけて通ったり。

5月末に富山県へ高校時代の友達に会いに行ったり。

6月はtaico clubで念願のムームが見れたり。

実家の愛犬が危篤になって急遽東京に帰ったら、1週間のうちにすっかり元気になってくれました。
もう14歳のおばあちゃんわんこだけどまだまだみたいで一安心*


そして中津川に帰ったら私が体調を崩しました。

最初にかかった病院が悪かったみたいで症状が悪化。
このままではだめだとだんなくんが見つけてくれた別の病院にかかってから、それまでの薬を一切やめて変えてもらい、だんなくんやまわりの方々に助けられて、夏にはアルバイトをできるまでに回復することができました。


だんだん色々な方とのつながりが出来てきたり、中津川での生活にも慣れてきて、楽しみ方が分かってきたり。


最近はお友達の紹介でマクロビの料理教室に通い始めたり、料理を作ることが楽しくなってきました。



だんなくんも仕事に慣れてきたし、夫婦共々色々一緒に乗り越えられた一年だったと思います。



またこれから一年が始まって、どんなことが起こるかはまだわからないけど、楽しいことがたくさんあったらいいなぁと思います(^-^)


いっぱいありがとうございました**
みなさま良いお年を。
[PR]
by y_u_uki | 2011-12-31 23:24 | こころ
24~28日まで東京の実家に帰ってました。


今回の帰郷中、大学を卒業して以来まともに連絡を取っていなかった友達から連絡がきました。
その内容は今回の震災で被災した方々へ救援物資を集めて届けたいという内容でした。
なかでも北茨城市、いわき市は救援物資が枯渇していて一刻を争う事態だそうです。
たしかに、テレビなど報道では東北地方の被災地ばかりが取り上げられていて、茨城の方の状況はあまり知られていないのが現状。

その日、私は前のバイト先の人達と集まる予定があったのですぐに連絡を回しました。
すると想像していたよりもみんなたくさんの物資を持ち寄ってくれて、その友達に託すことが出来ました。

被災地のために何かしたい、でも何をしたらいいかわからない、そんなもやもやしてるところにその連絡が来たので、協力することが出来てよかったです。
無事に被災地に届けてくれたと後で連絡が来ました。

被災地に直接行こうと思い立ったその友達、
物資を持ち寄ってくれたみんな、
自分だって欲しくてもものがなくて買えなかったりするのに、それでも被災地のためにと考えて動いてくれる人たちのあたたかさに心打たれました。
こういうときこそみんなで動けば大きな力になるんだと身を持って感じました。
[PR]
by y_u_uki | 2011-03-30 14:50 | こころ
式を前にして、もう何年も会っていなかった祖母からお祝いを頂いたので会ってお礼をしに行ってきました。

家から自転車で15〜20分くらいの距離で、小学生までは毎週のように遊びにお邪魔していたので、いつも通っていた道を辿りながら向かいました。

あの頃のままそこにある景色や、すっかり変わってしまっている風景。。。
時間の流れを感じました。

最後に行ったのははっきりと覚えていませんが、もしかしたら5年くらい前だったかもしれません。


祖母が仕事を退職してから体を悪くして、入退院を繰り返していることは知っていましたが、あまり会えずにしばらくいたので、もしかしたら私のことなんて忘れているのでは・・・と不安がありましたが、挨拶したらすぐに私だと分かってくれてほっとしました。
祖父は今でもよく家に顔を出してくれているので元気なことは分かっていましたが、久しぶりにお茶を飲みながら向かい合って話していたら、やっぱりおじいちゃんになっているんだなと目で見て感じてしまいました。

そりゃ私が結婚する歳になったのだから、祖父母の顔のしわも増えて深くなっているわけです。


初孫だった私を本当に良くかわいがってくれた祖父母。
c0214545_2315563.jpg


思い返せばたくさんわがまま言ったり、色んなところに連れて行ってもらったり。。
私がお嫁に行くまで元気でいてくれたことに、今まで陰ながらにお世話になっていたことに感謝しなければなぁと改めて感じました。


挙式には二人は出席できないので、写真をあとで見せにまた遊びに行こうと思います(^-^)
[PR]
by y_u_uki | 2010-09-29 23:17 | こころ